Feel Japan by Bike 自転車で散歩…

■オーストラリアの予定コース■

オーストラリアはヴィクトリア州のメルボルンからノーザンテリトリーのダーウィンまでの約5,500kmです。 経由地はメルボルン→キャンベラ→シドニー→ブリスベン→ロックハンプトン→マウントアイザ→ダーウィンです。

メルボルン発ダーウィンにしたのは南から北へ走り次の国であるインドネシアにつなぎやすくするためです。

宿泊は費用を安く済ますため基本テント泊の予定で、ユースホステルやバックパッカーズ(ユースホステルのようなもの)がある町はそこに宿泊。ここではベッドで寝ることができ、キッチンや冷蔵庫があるので食も充実するこのユースホステルやバックパッカーズ泊を心の支えにして走りました。

アウトドア好きのオーストラリアには小さな町や砂漠の中のロードハウスでもキャラバンパークと呼ばれるキャンピングカーやテント泊者用の施設があり重宝しました。費用は幅がありますが1995年はA$5~10が相場でした。アメニティーはシャワーのみです。

 

オーストラリアのビザは3ヶ月有効なのでこの5,500kmを3ヶ月以内に走りきらないといけません。毎日走り続けたとしても1日61km~62kmです。

海岸沿いに北上するメルボルン発ケアンズ着でも良かったのですが何となく過酷なエリアを避けているような感じになると思い、ロックハンプトンからあえて自然の厳しそうなアウトバックと呼ばれる内陸に入りインドネシアとは目と鼻の先のノーザンテリトリーのダーウィンを目指すルートにしました。

※“アウトバック(Outback)とは、オーストラリアの内陸部に広がる、砂漠を中心とする広大な人口希薄地帯を指す。”(ウィキペディアより)。

海岸部にいる人たちが危ないから止めた方が良いと言うのはこの人口密度が1km四方に1人以下のアウトバックの走行です。
人は当然、町はほとんどないし、気温も40℃越えは当たり前。毒蛇もいる、激しい雷雨を伴う嵐もあるなどなど。

 

情報を聞けば聞くほどロックハンプトン~ダーウィンは気がかりの一つとなって重くのしかかるのでした。