Feel Japan by Bike 自転車で散歩…

1995年12月1日 晴れ

朝、Yukoさんのお子さんと旦那さんの3人で家の前で写真を撮る。

デービッド君と旦那さん(デービッド君の通う学校の先生)を見送り1時間余りYukoさんの仕事が終わるのを待ってから南半球最大のスーパー(肉、野菜、日用品その他あらゆるもの)を見てからヴィクトリアマーケットへ連れて行ってもらう。ここも大きくて品揃えが豊富。

 

帰ってから出発のスタンバイをする。

考え得ることは全て準備をし、遂に1995年12月1日12時13分に出走し世界一周が始まる。

 

暑いのでヘルメットをかぶらないで走っていると3分で警察の教育的指導が入る。

メルボルンの町は非常に大きく想定していた以上にシティを抜けるのに時間がかかってしまい、また信号も車も多く道が分かりづらい。

こんな町なかを荷物を満載したオーストラリア縦断仕様車が走るのが何とも場違いな気がして早くシティを抜けたい。

しかし走行予定のヒュームハイウェイ(Hume Highway)がどこなのか分かりづらい。

 

苦労してメルボンルンを抜け、ようやく周りが草原のようになって振り返ってみると草原の中にシティのビル群が忽然と屹立しているように見え不自然な画だった。

予定していた出発時間が遅れたのと、ヒュームハイウェイは自動車専用道のため、ヒュームハイウェイに寄り添うように併行する道を進む。

この田舎道は直線ではなくあっちへ曲がったりこっちへ曲がったりで無駄に距離と時間がかかり、当然セイモア(Seymour)まで行けず途中のブロードフォード(Broadford)で断念。

 

A$20のモーテルに泊まり初日の余りの疲れですぐ寝てしまう。

 

****************************************
Melbourne→Broadford 85km
****************************************