Feel Japan by Bike 自転車で散歩…

1999年11月2日 晴れ

ケバブ屋の隣の隣のカフェの外テーブルで、夜が明けるのを待っていると、

「寝るのなら中に入っておいで。」

と言われる。

椅子で寝床を作ってくれ、また四六時中見ているので自転車も安全。

お陰で眠ることができる。

朝も、コーヒーとパンを頂く。

 

7時半に出発する。

今日は何回か休憩を挟み、進む。

 

途中、何故かコンピューターが復活している。

到着時刻が予測できるのはやはり助かる。

 

ケニトラ(Kenitra)でコーヒーを飲んでいる時が一番暑い。

40km先のサレ(Sale)までバテないか少し心配になったけれど、気にすることなく走る事ができる。

 

ラバト(Rabat)の手前10kmで休んでいると、ドイツ人チャリダーのデービッドと会う。

一緒にラバトまで走り、ホテルをシェアする。

当初予定していたキャンプサイトよりはDh.15ほど高くなったけれど、久々にベッドで眠り、リフレッシュできる。

 

夜はタジンを食べ、栄養も補給する。

たまにはご飯をシェアするのもいいな。

 

アフリカのLeg.1が、あと1行程を残すのみとなる。

 

モロッコの首都ラバトは、タンジェ(Tanger)と違って洗練された感じがする。

 

メディナ・エリアは、アジアの町と同じく喧騒に満ちていて、いろんなお店がひしめき合って建っている。

モロッコは思った以上に人は悪くなく、大人は道徳的で良い国だなと思う。

 

****************************************
Allal Tazi →→→ Rabat  82km 
****************************************