Feel Japan by Bike 自転車で散歩…

2000年1月9日 晴れ

125kmバマコ(Bamako)と聞いて7時には出発する。

 

しばらくはあのコルゲーションの酷いダートが続き、スピードは5~6km/hほどしか出せない。

鉄道と併走するけれど、一度も走っているのを見たことはない。

サンディーな区間もあり、前半は手こずる。

 

カッサロ(Kassaro)であって欲しいと思っていた昨日滞在した町は、実際はセベコロ(Sebekolo)でバマコからはカッサロより遠い町。

カッサロの町には14kmほど走って到着する。

静かな村でポンプの水を3リットル仕込む。

XF50でお茶を飲むけれど苦くて不味い。

ここを出たらネガラ(Negala)までは町はない。

 

ネガラへも予定以上に距離があり、途中不安に思いGPSで位置を確認しながら進む。

 

道は、今日45km走った辺りから割とまともなダートになる。

これまでよりは2ランクほど上の状態のダート。

建設中の道らしいけれど、日曜日のためか働いている人は見かけない。

小石が多く、所々コルゲーションがあるけれど今までのダートに比べたら格段に良く、14~15km/hほどのスピードで進む事ができる。

 

今日の予定地のカティ(Kati)へは今日の午前中の苦戦が響いて到着することができず。

ディオ(Dio)という村で井戸水を貰い、その先のブッシュでテントを張る。

ここからバマコへは37kmとするとキータ(Kita)~バマコは223kmとなり、地図よりも43kmも長い。

そのため予定が狂い、2日行程ではこの区間は難しく、バマコ進入は明日となる。

 

今日もXF300ほどしかお金を使うような場所も機会もなく、ハルマッタン会計はバマコ到着が1日遅れても尚、黒字がXF3,750もある。

 

明日こそは37kmでバマコに入り、長い長いleg.6が、特にマリに入ってから連日の苦戦を強いられたこのleg.6が終わる。

 

ブルキナファソ・ルートは断念し、コートディボア・コースにする。

ブルキナファソ用の予算を装備拡充に回すことにする。

 

****************************************
Sebekolo →→→ Dio  99.4km      
****************************************