Feel Japan by Bike 自転車で散歩…

2000年4月11日 曇り時々晴れ

道路脇の、ストックしてある土砂の山陰に隠れてテントを張ったので、作業員が来ないうちに7時半に起きて8時に出発する。

無事に第一夜は明かすことができる。

暫くぶりのブッシュキャンプはその初日が億劫。

 

今日の道路コンディションは昨日のダートが続き、昨日と同じくアップダウンがトルウィン(Tolhuin)の町への分岐まで17.5kmほど続く。

ダートは70kmと言うことになる。

 

その分岐にあるYPFでコーヒーを飲む。

上空を眺めると、雲が西から東へ流れている。

 

舗装部分の状態は良好。

車も多くなく走り易い。

若干予定より5~6kmほど遅れながら進む。

 

一時風に乗ってかなり速く進めたけれど、周りに樹木が無くなり、360°遮る物が無くなったところで遂にフエゴ島の強風に捕まる。

強風をダイレクトに受け、進行速度が急激にダウンする。

主に南大西洋の海岸沿いの区間。

進路が北西であるためほぼ風を向かう形で受ける。

 

後半は10km/h以下のスローペースで四苦八苦しながら進む。

四肢への負荷がかかり疲労が蓄積する。

 

あわよくばリオ・グランデ(Rio Grande)まで進みたかったけれど、元より今日は106kmまで進むのが今日の目標キロだったので今日の107km走行でよしとする。

 

しかし不毛な大地のため、ブッシュキャンプに適した場所を探すのに苦労する。

北行きには小屋が遮り、南行きからも多少見づらい道路脇にテントを張るけれど、かなり落ち着かなそうで嫌だ。

明日の朝も必然的に早起きして出発しなければならない。

恐らくここは約20kmでリオ・グランデの地点。

 

明日の目標はリオ・グランデで食糧を補給してサンセバスチャン(San Sebastian)まで到達したい。

 

今日もUS$3.1(US$1=A$1)程しか使用せず。

ケープ・ホーン会計はUS$26.9の大幅累積黒字。

 

右足首の痛みもほぼ無くなる。

 

明日以降の風が心配。

 

****************************************
Kaiken West →→→ 20km South of Rio Grande  107km
****************************************