Feel Japan by Bike 自転車で散歩…

2000年8月9日 晴れのち曇り

ベッドで快適に眠ることができ、心身共にリフレッシュしてから8時30分に出発する。

アップダウンを繰り返し進むと、レッドリバー(Red River)というテキサス州とオクラホマ州境を成す川に到達する。

矢作川の様な砂州の川で砂が赤い。

水は少ないけれど大きな川。

国境のリオグランデよりも大きい。

 

オクラホマ州に入り道が良くなる。

 

ガソリンスタンドでは相変わらず氷を仕込みながら走る。

スチロール製のドリンクカップなので保冷性が高く、2~3時間は持つ。

 

今日は風に乗って北上することができ、順調に目的地のダンカン(Duncan)に到着する。

ヒストリックな街らしく、ファーストフードやモーテルがたくさんある。

 

オクラホマ州にはLoveというガソリンスタンド系列があり、ここには無糖のアイスティーがある。

本当はドクターペッパーをがぶ飲みしたいけれど、身体のことを考えてこれを飲むようにする。

 

ダンカンで雲底が低くなり、パラパラ降るとは言えない程度の水滴が落ちてくる。

 

ダンカンのマクドナルドで夕食にし、ブッシュ地に適した場所を探す。

町を抜け、マーロウ(Marlow)を過ぎても良い場所が見つからず、暗い中進む。

オクラホマ州は今日初めてなので、今ひとつ堪が掴めない。

 

アップダウンを越えて探し続けると、荒野の中に廃石油採掘機が4つ並んでいるの場所を見つける。

ここは小粒の砂利が敷き詰められているのでアリはおらず、また変に草も生えていなくて平ら。

夕焼けに縁取られた廃石油採掘機が4機、音もなく並ぶ様子はキリコの絵のようなシュールな風景で少し怖い。

雨も降らず助かる。

 

ダンカンのLoveで休んでいる時に、

「オクラホマ・シティ(Oklahoma City)まで100マイルだ。」

と聞いたけれど、そんなにあるかな?

予習ではそんなにないのだけれど。

今日は141kmも走ったし、もし本当に100マイルだと一日でオクラホマ・シティは難しい。

 

****************************************
Bowie →→→ Marlow Nth   141km
****************************************