Feel Japan by Bike 自転車で散歩…

2000年8月10日 晴れ

7時には出走し、チッカシェー(Chickasha)を目指す。

アップダウンが今日も続く。

 

9時は順調にチッカシェーに到着しマクドナルドでグルーミングと朝食を済ます。

マクドナルドの店員も自転車で来たのを知ってあれこれ質問してくる。

人は見ていないようでみんな良く見ている。

 

チッカシェーから進行方向を一時東に向ける。

Totalのガソリンスタンドが目立つようになる。

 

今日中にleg.2のゴール、オクラホマ・シティ(Oklahoma City)を迎えたく必死に走る。

 

タブラー(Tabler)からブランチャード(Blanchard)までの州道62号線が最悪なロードコンディションの道だった。

チリの5号線のようにコンクリート打ちで路肩がなくコンクリートのつなぎ目が開いており段差もある。

更にこれにアップダウンが重なる。

この15kmがかなり疲れる。

 

ブランチャードからはディバイディングの2レーンになる。

 

カナディアン川の手前から州道62号線はインターステート44号線と合流し62号線がなくなる。

しばらくそのままインターステート44号線を進む。

車がビュンビュン飛ばしているので恐ろしく一旦降りる。

近くにいた土方の作業員にこのままインターステート44号線を自転車で走っていて良いのか聞いてみる。

問題ないとのことなので再度入って進む。

車もトラックも多く気が気でない。

それでも他に自転車で走っている人を見かけないので、本当に走っていて良いのか不安になりやはり途中で降りる。

出口を振り返ってみるとやはり「No Bicycle」だった。

 

メイ・アベニューという南北に延びる道を走る。

車も多く路肩は狭いため非常に走りづらい。

 

10km手前でガソリンスタンド休憩を取るけれど、なんとなくオクラホマ州の人はよそよそしく感じる。

 

右の腰の辺りが汗疹でめっちゃヒリヒリするのが不快。

最後の力を振り絞ってYMCAを目指す。

 

ロンリープラネットを何度も確認して進むけれど、思ったよりオクラホマ・シティーの西の外れを走っているため東へ進路を変えてシティーセンターを目指す。

ノースウェスト5thのYMCAを探すけれどそれらしき建物は見当たらない。

一気に精神的にガックリとしてしまい、既に今から市の南東にあるキャンプサイトまで戻り気味に走る気力は無し。

なので近くのEconomy Innに入る。

$35に、「あー贅沢しているな・・・」と思いつつleg.2のゴールだし、汗疹も治したかったのでここにする。

 

とにかくオクラホマ・シティーまで無事に到着し、9th最終ステージのleg.2なで無事に終える。

暑かった。

ブランチャードで休憩中には気温50℃以上を記録し、一時的にサイクルコンピューターの液晶が真っ黒になる。

使用不能になったかと焦る。

 

オクラホマ州の州都、オクラホマ・シティはだだっ広く、特にシティーセンターは静か。

道は広く大半のお店も閉まっているので、清潔なゴーストタウンのよう。

オースティン(Austin)ほど高いビルもなく、市街地は密集した住宅地もないためアクセス中にはうだるようなしんどさも無かった。

 

オクラホマ・シティには2泊する予定。

 

****************************************
Marlow Nth →→→ Oklahoma City   122km
****************************************