Feel Japan by Bike 自転車で散歩…

2000年9月30日 晴れ

しかしアメリカの若い連中はロクなのがいない。

今日だけでも突然大声を出して驚かすのを何度もやられる。

卑怯な連中ばっかり。

がっかりしてしまう。

 

今朝は幸い余り冷え込まず助かる。

 

珍しく絶妙なブッシュキャンプ地だったので出発が少し遅れる。

 

今日も朝からいきなり登りが始まりしんどい。

シューアード(Seward)を過ぎて谷沿いのコンモー川に沿った道を進む。

両脇には山が連なり紅葉がとてもきれい。

鉄道も併走する。

 

ジョンズタウン(Johnstown)に入りマクドナルド休憩を取る。

ここでタイヤの表装の一部が剥がれているのを見つけ、遂に後輪を交換する。

 

お昼頃には気温は33℃まで上がり暑い。

 

56号線の橋に怯えつつガソリンスタンドで道を教わった通りに進むけれど、やはりノーバイシクル。

構わずに突き進む。

しかしこの道がDTKには進まず、かなり登ってから道が違うと気づく。

自動車専用道のため止まって確認することもできず、半ば強制的に7~8kmほどずっと登る。

200mを越えるアップ。

 

ガイスタウン(Geistown)出口までMOBを考えたけれど、空港出口で降り何とか軌道修正できそうだったので降りて方位磁石と堪を頼りに進む。

よく分からないまま進むけれどやがて大きな町に到着する。

それがガイスタウンらしく、ガソリンスタンドで休憩して当初のルートによく分からない内に戻ることができる。

 

スカルプ・レベル(Scalp Level)までは200m前後アップのレベルで登るけれど、ウィンドバー(Windber)からは断続的に登る。

まさかの429mまで上げ、7月14日以来のG3レベルの登坂を記録する。

結局オグルタウン(Ogletown)まで上げ、そこから一気に下げてプレザントヴィル(Pleasantville)に着く。

今日のMAX高度は2,700フィートだった。

そういえば、「このピーク後6.5マイル先に信号があり」

の標識があったけれど、なんでこんなに手前に?

何か意味があるのかな?

6.5マイル先なんて遠すぎ。

相変わらずアメリカはよく分からんわ。

 

今日はこの予想外の登りで疲れ切ってしまう。

プレザントヴィルからはヘトヘトになりながら進む。

 

ペンシルヴェニアターンパイク分岐のガソリンスタンド、モーテル、レストランなどが並ぶ中のモーテルに入る。

清潔でグレードが高いのに$34と安い。

2泊したいけれど会計的にも日程的にも無理。

残念。

 

明日もアップダウンが待ち受けている。

ワーフォーズバーグ(Warforsburg)近くの道がインターステート70号線に繋がっていて1マイルほど下道が無さそうな箇所があり、ここがどうなっているかでルートが大きく変わるため思案にくれる。

たったの1マイルのために大きく迂回するのか?

自動的にインターステートに変わってしまうとなると戻らなければならないので難しいところ。

 

ハロウィンが近いためカボチャがいっぱい売っている。

X’masのように飾り付けをしている家も多く見かける。

 

****************************************
Indiana Nth →→→ Bedford T/O  106km
****************************************