Feel Japan by Bike 自転車で散歩…

”その国を出国するのがとても寂しくなった国” 5/8国目:フランス共和国

第5ヶ国目はフランス。

フランスからスイスに入った日は、とてつもない寂寥感に襲われました。

 

フランスは物価が高くて何かと走りづらかったヨーロッパの中では、比較的廉価に安心して走れる国でした。

但し、パリ以外。

 

フランスに入る前までは、

「フランス人は英語話さないし、フランス語が話せないと馬鹿にする。」

のようなことをよく言われましたが、全然そのようなことはありませんでした。

むしろ、大学で覚えた頼りないフランス語で話すと、逆に英語で返ってきたりしました。

 

フランスは自転車好きな国ということもあり、荷物満載で走っていると通りすがりの車がよく応援してくれました。

走っている期間は割と汚い格好しているのに・・・。

こういうのは、他のヨーロッパの国ではありませんでした。

 

物価に関しては、スーパーに行けばバゲットとラタトゥイユの缶詰などが安く売っており、食費など切り詰めることができます。

 

 

シャンパーニュ、ボルドー、ブルゴーニュなどワイナリーの雰囲気も抜群!

フランスは田舎に行けば行くほど良いです。

 

第二次世界大戦に一緒に戦ったドイツと日本は相性が良いと勝手に思い込んでいましたが、フランス人と非常に気が合いました(個人的になのか不明ですが)。

フランス人は旅好きでもあります。

オーストラリア、パキスタン、イラン、サハラ横断中、アルゼンチンなどで出会ったフランス人と情報交換したり、一緒に走ったり、ご飯をシェアしたりしました。

皆、底抜けに親切。

 

「プライドが高い」

というのも良く聞きますが、パリのごく一部なんじゃないのかな?

と思います。

 

フランス人に言わせれば、

「パリに住んでいる人は、本当のフランス人ではない!」

というようなことを言っていましたのが、確かに田舎がおすすめです。

極論すぎるけれど、東京のような感じなのかも。

 

 

フランスが好きな理由は、他の国と違って人によるところが大きいと思います。

とても良かったです(^^)

 

自転車で回ると特にフランスの良さを凄く感じることができます。

機会がありましたら是非、自転車で走ってみてください!