Feel Japan by Bike 自転車で散歩…

東南アジアの真珠

オーストラリアの次のステージである東南アジア。

東南アジアはシンガポールからタイのチェンマイまで北上しました。

 

東南アジアを過去に走った記憶から今でも残る印象は(特にマレーシアとタイの印象になりますが)、「穏やかな楽園」です。

 

人々が真面目に一生懸命生きている感じが伝わってくる国々でした。

それも、田舎に行けば行くほど。

 

ムッとするような湿気を含む気候で、突然シャワーのようなスコールを浴びることもたびたび。

でも、それも東南アジア走行の一つのルーティンだと思えば気にならなくなります。

 

シャイな人々(特にマレーシア人)が多く、衛生面で多少不安な所を除けば極めて安心して走る事ができた国々でした。

道路に併走して伸びるドブ川から、体調1mはあろうトカゲが突然這い出てきて、目の前の道路を横断した時は驚きました。

 

 

今ではすっかり有名になったタイのメークロン・マーケット(Mae Klong Market)に象徴されるカオスさが、ずっと残って欲しいと思うのはエゴなのかも知れません。

それでも、着々と進むバンコクの近代化をみるとそう思わずにはいられない複雑な心境になります。