Feel Japan by Bike 自転車で散歩…

古代の内海 香取海

 

温暖化が最大となる今から約6300~5000年前の縄文時代前期には霞ヶ浦(西浦・北浦)・印旛沼・手賀沼までつながり香取海とよばれる大きな内海でした。

 

Kasumigaura

[香取海の名残、西浦は霞ヶ浦の中でも最大の湖です]

 

Suigo denenn

[かつのて内海には一面の田園が広がります]

 

当初は鹿島灘(大平洋)に湾口を開いていて、この時期の香取海は古鬼怒湾と呼ばれていました。 

その後、海退や鬼怒川などが運ぶ土砂の堆積で次第に陸地化し狭まり、奈良時代頃は現在の河内町から榎浦津(稲敷市柴崎)付近が香取海の西端で鬼怒川が注いでいたと言われています。 

 

Ichinotorii

[鹿島神宮西の一ノ鳥居の鎮座する鰐川も香取海の一部でした]

 

東国三社はこの香取海を囲む三角形の位置関係になっています(息栖神社は東の日川から現在の場所へ移転)。 

 

御朱印帳

[息栖神社のご朱印(左)と鹿島神宮奥宮ご朱印(右)]

 

香取海は古くから水上交通を通じた独自の文化圏・経済圏が形成され、東北地方や北関東・南関東、さらには西国への物流経路を担っており、これを巡る争奪戦も数多く繰り広げられました。

 

Suigo suiro1

Suigo suiro

[大部分は干拓により埋め立てられましたが内海の一部は水路としても残ります]