Feel Japan by Bike 自転車で散歩…

器械根(きかいね)

 

器械根とはいすみ市の沖合に広がる約120平方キロメートル(東京ドーム約2,800個分)に及ぶ広大な岩礁地帯のことです。

いすみ市の面積は157キロ平方メートルなので器械根はそれよりもやや狭い面積が海の中にあります。

 

coast line

 

大原漁港を中心としたの沖合約十数キロ、水深20~30mの岩棚で、その海底には主にカジメ、アラメなどの海藻が生い茂り海中林を形成しています。

人の背丈ほどにもなる海藻の葉の部分はサザエ・アワビ・ウマズラなどの餌になり そこはイワシやアジなどの小魚、またヒラマサなど魚たちの棲家になります。

根の部分にはゴカイ類やカニ、小エビ、巻貝、ヒトデ、ウニ類などが生息し、それらの小動物がイセエビや鯛やヒラメやサメ・エイなどの餌になります。

また、器械根付近は暖流の黒潮と寒流の親潮のぶつかり合う所である為、豊富なプランクトンを求めたくさんの魚が集まり良好な漁場が形成されています。

 

器械根(根とは漁師言葉で岩礁地帯のこと)の名前はアワビ漁から来ています。

いすみ市大原の造り酒屋「木戸泉」(きどいずみ)の現在の社長の3代前の荘司藤吉氏と藤治郎氏の父子が経営したアワビ潜水器船の潜水夫が明治18年8月 イギリスから潜水機を輸入して潜ってみたところ、それまで知られていなかった岩礁群を発見したと言われています。

 

それが広まり、日本各地から潜水機でアワビを獲りに来るようになりました。

そして「機械で潜ってアワビを獲る場所」と言うことから「器械根」と呼ばれるようになりました。

(※機械根・器械根のどちらでも良いとなっていますが一般的にに「器械根」が使われている事が多いようです。)

1995年から資源保護の為アワビ漁は制限されています。

 

現在では伊勢エビとタコが有名で特に伊勢エビはいすみ市が水揚げ量では日本一。千葉県の総水揚げ量は三重県を上回ります。

大原沖の器械根で獲れた伊勢エビは「伊勢海美(いせえび)」として商標登録されています。

大原沖で獲れるマダコは明石のタコと共に日本の二大タコと評価されるほどの味です。特に12月~1月に漁獲されたマダコは柔らかく甘みがあり非常に美味です。

 

iseebi

octopus

[大原の特産 地ダコ]

 

大原漁港では毎週日曜日に港の朝市を開催しており、朝市で購入した新鮮な魚貝や干物をその場でバーべーキューにして楽しむ事ができます。

 

iseebi

[豪快な伊勢海美のBBQを楽しめるのも大原漁港朝市ならでは]

seafood market

[サザエ、ハマグリ、ホンビノス、牡蠣など貝類も豊富]

 

特産の伊勢海美はもちろん、ぷりぷりのハマグリ、牡蠣、サザエ、ホタテを楽しむことができます。

 

seafood BBQ